arko링크
   
   
 
韓国文化芸術委員会はさまざまな文化芸術活動を支援するなかで、皆が創造の喜びをともに感じよう、という趣旨のもとで設立されました。韓国文化芸術委員会は、現場の文化芸術人で構成された11人の委員たちの合意を通じて文化芸術政策をリードし、民間が公共領域の議事決定に参加し、また公共領域も民間分野に参加するなど、同時的な構造を取っています。これは今まで政策の一方的な受取人であった文化芸術人たちが、政策の立案者であり、遂行者になることを意味します。今まで慣習化された文化行政の体系を革新し、急速に変化している文化芸術環境に能動的に対応することで、文化芸術が直面しているさまざまな環境に対する現場中心の具体的な対案を引き出すようにしようとしています。韓国文化芸術委員会は、文学・視覚芸術・公演芸術・多元芸術など、文化芸術界で合意している基礎芸術分野や文化産業の非営利的な実験領域を対象として、創造や媒介、享有が善循環構造として発展できるようにする一方、そのインフラ構築に力を注いでいこうとしています。 これらを通じて、芸術そのものの生命力を強め、芸術創造を誘導、芸術的な隆盛や社会的生産力の伸長を同時に発展させて芸術マーケットの生産力を確保する一方、究極的には国民全体が文化芸術が与えてくれる創造的な喜びから疎外されないように頑張っていきます。
photogellery more
 
  푸터이미지